logo-e2.png ビジネスの長期な発展を目的とする 関係性マーケティング 三宅康雄のサイト

顧客管理無料テンプレート/顧客データベース簡単エクセル

顧客管理とは守りではなく、攻めるための必須条件です。


新規顧客を獲得するのは必要ですが、新規顧客を獲得するのは日々、難しくなっている状況です。

つまり、新規顧客を増やすことばかりに焦点を定めると、競争が激しく、消費が低迷している現状では、明らかに厳しい状況を強いられるでしょう。

そこで、安定して収益を得るためには、既存顧客に目を向けることが必要です。

つまり、リピート回数を増やし、優良顧客化を計画的に進めていく必要があるのです。

既存顧客をリピートして頂くのは、新規顧客獲得で売上げを作るより、明らかに難易度が低くコストもかかりません。

優良顧客化をするためには、「顧客育成」をする必要があります。

顧客育成とは顧客に対して、情報提供などを通じてコミュニケーションすることです。

この「顧客データベース簡単エクセル」はあなたのパソコンにエクセルさえインストールされていれば、活用できる実践的顧客育成テンプレートです。

このエクセルテンプレートは、これまで私の教材を購入された方だけに提供していたものです。

実は、このテンプレート欲しさに教材を買われた方もいるほどです。

エクセルで簡易的に顧客管理をしてる会社も多いでしょう。


エクセルで顧客管理をしている方も多いと思います。

でも、ひとつのシートに「顧客氏名」「住所」「電話番号」「Eメール」などの情報と、「買われた商品」などが横に並んだ状態で羅列しているといのがほとんどです。

しかし、このような顧客管理は明らかに、「情報から最大限の利益を得る」ことは出来ません。

でも、99%以上の方が間違った方法で作っています。


作り方が間違っているからです。

マーケティングに必要な情報は、どの顧客がいつ何をどれだけ買ったか?を全て履歴情報として残しておく必要があるのです。

そうしないと、どのお客様が優良顧客であるか?その顧客の生涯価値はいくらなのかは絶対に分かりません。

そうなると、顧客別にランクをつけたり、優良顧客には違うアプローチをして、さらにリピートを増やしたり、紹介を促進させるといった戦略が出来ません。

そのために、エクセルであればシートを分けないといけません。

この「顧客データベース簡単エクセル」は「顧客基本情報」「購買履歴」「商品情報」「アクション基本情報」などは全て別シートになっています。

しかし、それぞれがリンクし、関連付けされています。

データベースではこれを「リレーショナル」と言います。

db_img4.gif

マーケティングに必要な情報を取り出すことが出来ないからです。


こうのような構造をしていないと、欲しい情報を瞬時に取り出すことができません。

「このお客さんは、いったいいつから、私のお店に来てくれているのか?」

「このお客さんは、いままで何回、リピートしてくれているのか?」

「このお客さんは、どれくらいの頻度で購買されるのか?」

「どんな商品を購買されているのか?」

これらの情報を抽出することにより、この顧客に対して、次にどのようなメッセージでアプローチをすれば良いか検討がつくでしょう。

この「顧客データベース簡単エクセル」はこれらが可能になる、テンプレートです。

実は、巷で販売されている「顧客管理」のパッケージソフトは、マーケティングの観点から見ますと、ほとんど使いものにはなりません。

なぜなら、全ての業種に対応させるために、あなたのビジネスにとって、必要な機能が無かったり、不必要な機能ばかりがあったりします。

このソフトで運用しようとすると、あなたのビジネスの業務フローをソフトに無理矢理に合わせなくてはいけなくなります。

これでは、本末転倒です。

さらに、多くのソフトは、コンピュータのプログラマが作っています。それなのに、どうして。これらのソフトで本来のマーケティングが行えるでしょうか?

このテンプレートは、23年間、マーケッターとして多くの企業のデータベースの活用をアドバイスしてきた私が設計したものです。

私自身はプログラマではありませんが、現場のマーケティング、データベースの活用方法は専門です。

だからこそ、このシンプルなテンプレートですが、シンプルがゆえにマーケティングに活用できる要素を凝縮しているのです。

情報を最大限に活用して、売上げ向上が可能になります。


ただ、単に顧客管理するだけでなく、情報を最大限にマーケティングに活かし、売上げ向上するためのテンプレートです。

また。エクセルに詳しい方なら、これに、「請求書」や「納品書」のシートを追加させると言った、売上げ管理などの、会計処理でも活用できるでしょう。

それでは、このテンプレートの具体的な内容について、一部を紹介します。

あなたのビジネスが発展する指針、「顧客生涯価値」が瞬時に把握できます。


顧客毎、顧客全体も2通りで「顧客生涯価値」がその都度、計算できます。

顧客生涯価値は、一人当たりのお客様がもたらしてくれる価値となります。

その価値が高まれば高まるほど、少ない顧客数でも多くの利益を確保できるということであり、集客にどれだけのコストをかけるべきかも的確に把握できます。

db_img1.gif

次にどのようなコミュニケーション(アクション)を顧客にするのかを、予め計画を立てておきます。

db_img2.gif

例えば、新規顧客に対しては、翌日にサンキューメールを送る、1週間後には「何かお困りになっていませんか?」などフォローをする。

2週間後には「関連商品のご案内」のDMを送るなど,顧客毎に最適なタイミングの案内ができるようにスケジューリングします。

インターネット上では、「ステップメール」というシステムをつかって、登録して何日後に、この案内のメールを送り、その2日後に次のメールを送るなど、Eメールを自動配信する仕組みがありますが、
それは、Eメールを送るだけのアクションになります。

すなわち、顧客に対するアプローチ方法のほんの一部に過ぎません。

真に優良顧客化するためには、Eメール、郵送DM、電話、FAX、訪問など様々な手段を駆使する必要があります。

それは、コスト、訴求力、時間配分などを考え使い分けするのです。

顧客毎の適切なアクションを計画し、確実に実行できる。


「顧客データベース簡単エクセル」では、これらの事前に計画を立てたアクションをデータベースに登録すれば、毎日、どの顧客に対して、どのようなアクションをするかの「アクションリスト」を作成します。

業務はそのリストに基づき、アクションをするだけです。

db_img3.gif

計画したアクションが適切なのかどうかを、定期的に顧客生涯価値をチェックします。

後は顧客生涯価値をチェックし、検証するだけ。


顧客生涯価値が上がっていれば、適切なアクションを行っているということになります。

これらの顧客管理、顧客育成のマーケティングを行うツールとして「顧客データベース簡単エクセル」を無料で提供致します。

顧客データーベースを活用したマーケティングを長年行ってきた私が監修しましたが、私自身、プログラミングできませんので、技術的なサポートは一切できないからです。
予めご了承下さい。

このテンプレートはエクセルをベースにしてシンプルで簡単にマーケティングのための顧客データベースを構築できるツールですので、数百名の顧客を抱える会社には最適なテンプレートです。

この「顧客データベース簡単エクセル」があなたのビジネスのお役にたてることを願っています。


見込み客から、既存顧客へ、
リピーターから優良顧客へ導く関係性マーケティングのノウハウを公開しています。登録無料。
※は必須項目です。

メールアドレス


side3.jpgside3.jpg